外壁・屋根塗装の工程

外壁・屋根塗装工事の工程

1.足場組み立てと挨拶回り

1.足場組み立てと挨拶回り

中津市にあるN様邸の外壁・屋根塗装の工程

「築16年、/○○ハウジング/ボード 材外壁/カラーベスト屋根」

外壁・屋根共に「手塗り」の為、塗料の飛散はありませんが、 足場組みに備えて近隣住民への「挨拶まわり」と、施主様に おおよその工期・注意点等を伝達。その後、今回は「自社足場」の組み立て。

「N様宅」の近隣は住宅が密集していない為部屋が暗くなるメッシュシートは今回あえて取り付けませんでした。

※状況により「外注足場」、メッシュシートを取り付ける場合有。

2.屋根と外壁の洗浄(弊社は洗浄を入念にします)

2.屋根と外壁の洗浄(弊社は洗浄を入念にします)

塗装工事で一番大事な工程といっても良い「高圧洗浄」です。
始めに「屋根」からです。下の写真の様に「洗う」より「削る」感覚です。
長年溜まった「こけ」はかなりしぶとく、屋根洗浄だけで早朝から昼2時すぎまでかかりました。

※この「洗浄作業」を「ぱぱっと」済ます業者は、後の仕事もいい加減と思って良いでしょう。
弊社は洗浄を入念に致します。

青カビ殺菌剤塗布

続いて、外壁の洗浄です。「青カビ」が激しい為、洗う前に殺菌処理を行う事にしました。
※塩素臭い薬品で、俗に言う「バイオ洗浄」です。

バイオ洗浄

薬品を噴射するバイオ洗浄

バイオ洗浄(ブロック塀洗浄前・洗浄後)

3.外壁目地の補修・ビニール養生

3.外壁目地の補修・ビニール養生

写真の様に外壁ボードの目地が避けて下地が見える箇所がありました。
サイディング外壁やこの様なボード外壁には必ず、「目地」があり、一部のメーカーを除いてはだいたいが「ゴム」が入ってますので経年劣化で表面が割れ、避けてきます。

表面が「ちょっとだけ」ひびが入ってる程度なら、「増しうち」(※上から補修する程度)で良いのですが、 「N様宅」は、「打ちかえ」(※切り取って補修)する作業が必要になります。

プライマー(下塗)・プライマー塗布中

②切り取った後、コーキングを打つ前に・プライマー「接着剤」を細い刷毛で塗りこんでいきます。

コーキング混合器・新規コーキング注入後

④最後に、この後塗る「下塗り材」と「同じ色」のコーキング材を(下の写真の機械で)現地調合し、目地部に注入していきます。

※なぜ色をあわせるかというと、この「目地部分」は伸び縮みで必ず動くのです。そうすると、塗膜はいずれ割れてきます。その時に目立たない様にという配慮です。

ベランダ壁面

ベランダ壁面

破風や天井ボード継ぎ目も打ち換え

破風や天井ボード継ぎ目も打ち換え

この「N様宅」は外壁だけでなく、「破風部分」「軒天井」部分も目地が多いため左の写真の様に(合計60メートル)全て切りまくって、うちまくりました。この補修は、非常に地味で、根気のいる作業なんですが、それをめんどくさがって「省く」業者も少なくありません。塗ってしまえばわからない部分です。その為、見積りの際に「どの範囲を」「どこまで」補修するか?を確認することをお勧めします。

エアコン配管化粧カバー

帰る前に外壁にくっついてる、「エアコン配管化粧カバー」を取り外します。(※内側を塗る為)

※「私」と「息子」で目地を修理し、あと一人の「吉山」がビニール養生をしました。

4-A.外壁の下塗り

A:外壁塗装 B:屋根塗装

4-A.外壁の下塗り

さて、下塗りです。さてここで豆知識として、ローラーの種類についてです。左の写真の様に2つの種類のローラーがあります。

※左が「マスチックローラー」厚塗り用、右が「ウールローラー」薄塗り用

用途によって使いわけますが、模様を変えたい時や、モルタル壁でヒビ割れを防ぐ目的で「厚みがほしい」場合は左側のローラーを使用します。したがって「マスチックローラー」の場合「きちんと」塗れば、かなりの材料缶数がいります。

4-A.外壁の下塗り
  1. まず手始めにローラーの入らない所を刷毛で塗ります「ダメコミ」
  2. 次に全体に材料を「塗り配り」。(※マヨネーズの様などろっどろの材料。俗に言う「ポリマー」です。)
  3. 今度は横方向に「塗り配り」します。(※けっこう力を使います。)
  4. 最後に縦方向でやさし~く「模様」を整えます。(※この塗り方をすると一度に多くの面積は塗れませんので、そこそこ時間がかかります。)
下塗り材

当初、材料を下塗りだけで「12缶」準備していましたが、それでも足りず2缶追加しました。

施工前・施工後

5-A.外壁の中塗り・上塗り

5-A.外壁の中塗り・上塗り

次の日、中塗りです。今回、わかりやすいように「中塗り」と「上塗り」の色を若干変えてみました。

次の日、上塗りです。施主様と打ち合わせした上塗り塗料は、「クリーンマイルドシリコン弾性」という「シリコン系」というものです。

下塗り層・中塗り層・上塗り層

※ちなみに今回の仕様は上の写真の様になってます。

4-B.屋根の下塗り

4-B.屋根の下塗り

先にまず屋根のメンテナンス。本来他の瓦材ならば「差し替え」を行うのですが、カラーベストは一番左図のように重なりが深い為「差し替え」が非常に困難です。その為今回は「補修」を選択。パズルの様に剥ぎ取って下部にコーキングし、さらにまわりもコーキング。

シーラー(下塗り)

屋根のメンテナンス後、風化した屋根材の表面を固める *シーラー(下塗り)の塗布を行います。

写真の様に、垂れるくらいたっぷり使う事で、効果を発揮します。

※カラーベスト屋根材には通常こういった「牛乳」の様な下塗りを用いる事が多いのですが、屋根材が変わると、当然この「下塗り」も変わります。

※状況により、もっと高粘度のどろどろの「フィラー」という真っ白の液体を使う事もあります。

5-B.屋根の中塗り・上塗り

5-B.屋根の中塗り・上塗り

下塗りの乾燥後、屋根の中塗り・上塗りに移ります。「中・上塗り」の使用材料は、パワーシリコンマイルド2という、「2液型のシリコン弱溶剤」という分類の材料。現在「屋根用水性塗料」が出てきていますが、外壁より、屋根の方がどうしても劣化が早いのです。その為、一部の特殊な屋根材を除いて、基本的には「溶剤」を選択します。

※「溶剤」=シンナーで希釈するタイプ。「水性」=水道水で希釈するタイプです。そして、最初に塗った「中塗り」部分は2時間ちょっと経過しているので、その部分から、上塗りを塗布していきます。

※塗料メーカーの仕様書には、中塗り~上塗り間の「工程内乾燥時間」は2時間と記されてあり、早く塗りすぎても乾いてないし、乾きすぎても、表面が風化して、上塗りの密着が悪く「剥離」の原因になるので、難しいところです。その為、特にこの工程に入る際は、天候の見極めが非常に重要になってきます。

縁切り

上左の写真は、この「上塗り」完了の3日後、(完全に乾いてから)行う「縁切り」作業をしてる所です。

※「縁切り」とは?

カラーベストの手塗りをすると、必ず屋根の重ねめの所に塗料が「くっつく」のです。このまま放置すると、溜まった雨水の逃げ道を塞いでしまいます。即雨漏れにはなりませんが、湿気が内部に溜まって、あまり良い事ではありません。その為、くっついた部分を「ヘラ」で持ち上げて、隙間を確保しないといけません。

塗装する前に上の写真の様に、「重なり部分に挟む事で隙間を確保できる。」というものです。関東の方では、これが主流になっているようです。当店も取り入れていきたいと思っています。(おそらく大分では当店が初めて?)

6.屋根外壁塗装前・塗装後

6.屋根外壁塗装前・塗装後
6.屋根外壁塗装前・塗装後

お問合わせはこちらから

ご相談お見積は無料です!無料固定電話:0120-965-956 FAX録音受付:0120-293-456